乾燥肌の一番の敵は油断だという事

乾燥肌の一番の敵は油断だという事

乾燥が気になる。一生懸命対策してても、一向に改善されない。どうしたらいいの?!なんて悩まれている方は多いです。

今日は今の時期に必見!油断大敵な乾燥肌について紹介します。

どうして肌を乾燥させてはいけないの?

肌を乾燥させてはいけない理由は、肌の保護機能が無くなってしまうからです。大人になると肌トラブルを感じにくい人も多くわかりにくくなるのですが、赤ちゃんの肌だと一発でその事がわかります。

まず乾燥により肌表面はひび割れ状態になります。

カサカサしてきたな。と思い始める頃には既にひび割れが始まっています。

ひび割れした部分に最近や汚れがたまります。

洗顔で落そうとしても。うるおいが無いのでなかなか肌の奥の層まで洗うことができずに、肌トラブルのもとになります。

暑いお湯での洗顔

ひびが入ったところをお湯で洗うことで、さらに水分は奪われてひびは深くなります。

肌を保護しようとする機能が働きすぎる状態になります。

バリア機能の無い状態の肌を保護するために、油分を大量に放出しようという肌機能が働くようになります。実はオイリー肌の人は、乾燥ひどいことによっておこった、肌機能によるものが多いようです。

どうすると改善できるの?

保湿対策も含めいろいろありますが、化粧水の付け方や顔の洗い方などより、意味をなさない状態になってしまっているものも多く存在します。

洗顔の時の湯の温度は人肌程度より少しぬるめ

乾燥をさせない為にはまず洗顔の時のお湯の温度にも注目しましょう。熱いお湯が好きだから。。。と思う人も、乾燥対策をと考えるのであれば、極力避けるようにします。

乾燥対策は皮膚科で処方されるものがベスト

高価な化粧水をつけたり、乳液をつけたりする必要はありません。たくさん良い商品が出ていますが、油水分のバランスを配慮し、皮膚科で処方されるクリーム状にあらかじめなっているものには勝てません。

エアコンには要注意

暖房やクーラをかけていると、必ずお部屋は乾燥しています。一緒に肌まで乾燥してしまうので、加湿器を使用するなどして湿度の管理も心がけます。最近はエアコンに加湿器の様な機能がついているものもありますので、上手く利用しましょう。

水分を多く摂る

人間の体はほとんどが水分でできています。その為かならず体内からもたくさん水分をとることで、体内循環が良くなり、肌の乾燥や肌トラブルにも効果的。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です